stmtkブログ

Python中心の技術ブログです。

【Oracle】vagrantでOracle21cをインストールする

VirtualBoxのインストール

下記からインストーラーをダウンロードして、ウィザードに従ってインストールします。

www.virtualbox.org

Vagrantのインストール

下記からインストーラーをダウンロードして、ウィザードに従ってインストールします。

www.vagrantup.com

Oracleのインストール

vagrantを使ってOracleをインストールします。

git clone https://github.com/oracle/vagrant-projects
cd vagrant-projects/OracleDatabase/21.3.0/

※以下サイトから21.3版「Linux x86-64」のzipをダウンロードし、21.3.0フォルダに配置します。
https://www.oracle.com/database/technologies/oracle-database-software-downloads.html

vagrant up
※数十分かかります

ログの最後にパワーワードが表示されるのでメモしておきます。

    oracle-21c-vagrant: INSTALLER: Done running user-defined post-setup scripts
    oracle-21c-vagrant: ORACLE PASSWORD FOR SYS, SYSTEM AND PDBADMIN: パスワード
    oracle-21c-vagrant: INSTALLER: Installation complete, database ready to use!

インストールが完了したら、サーバにログインします。

vagrant ssh

Oracle関連の環境変数をセットします。

[vagrant@oracle-21c-vagrant ~]$ vi ~/.bashrc

※以下を追加します。
export ORACLE_BASE=/opt/oracle
export ORACLE_HOME=/opt/oracle/product/21c/dbhome_1
export PATH=$PATH:$ORACLE_HOME/bin
export ORACLE_SID=ORCLCDB

[vagrant@oracle-21c-vagrant ~]$ source ~/.bashrc

sqlpulsで接続します。

[vagrant@oracle-21c-vagrant ~]$ sqlplus system/パスワード@localhost/orclpdb1

SQL*Plus: Release 21.0.0.0.0 - Production on Sun Oct 24 08:00:37 2021
Version 21.3.0.0.0

Copyright (c) 1982, 2021, Oracle.  All rights reserved.

Last Successful login time: Sun Oct 24 2021 07:39:43 +09:00

Connected to:
Oracle Database 21c Enterprise Edition Release 21.0.0.0.0 - Production
Version 21.3.0.0.0

qiita.com

github.com

docs.oracle.com